平成30年3月26日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


積雪期限定の道



本日の鎌倉森山頂です!
 
2017.3.24鎌倉森山頂(岩手山)




鎌倉森(1,317m)、夏道がないため積雪期限定の山です。網張温泉ビジターセンター脇から登り始めます。

 センター職員から、帰りの時間帯には、若しかしてキャンプ場工事に関わり、

除雪作業が入っているかも知れないので、安全上、ルートを変えるよう指示がありました。

 ビジターセンター主催の催し物があったのでしょうか、多くのスノーシューの跡が付いていました。

中腹のブナの樹林帯の残雪は、2〜3m程の積雪量かと思われます。道標なるものはありませんが、

要所要所にピンクリボンがつけられていますので、確認して進んで下さい。

 樹林帯進みますと、急峻な登りがあります。本日は気温の上昇があり積雪面が軟弱になっていました。

大雪庇の見える尾根に出ますと強風は、更に強くなって来ました。ほぼ2時間で山頂到着です! 

直ぐ隣の犬倉山、姥倉山、黒倉山、岩手山が眼前に現れるはずなのですが、残念にも視界が悪く何も見えません!
 



 
雪庇帯の様子
 
雪庇帯の様子5分後
 
山頂から視界の悪い北部

御神坂登山口周辺から岩手山 




山頂にあるオオシラビソ(?)が標柱の替わりのようになっていますが、今年は、ほんの僅かだけ頭を出していました。

天気よければ、その背景に岩手山が臨まれたのに!残念です……!


 帰りは、ダケカンバやブナの原生林の中、小鳥の声や樹木の冬芽・葉痕など楽しみながら帰路に着きました。

岩手山御神坂登山口周辺通過の際に、岩手山の容姿が見えてきました。

鎌倉森山頂で観られなかった岩手山の姿を、「小岩井の一本桜」に求めて、行って見ました。

薄らと岩手山の姿を臨むことが出来ました!感謝でした!




 
雪解けを待つ一本桜


 
トチノキの冬芽&葉痕(顔?)




岩手山TOPへ戻る