平成29年8月27日 情報提供(文、写真) 岡野 治


晩夏の岩手山

 
 姥倉山東側から黒倉山、鬼ケ城、岩手山

8月はまるで梅雨のような天気が続いていましたが、日曜日の27日は久しぶりの好天に恵まれ、

県内各地の山は大賑わいだったようです。

岩手山にも多数の登山者が訪れており、馬返し登山口の駐車場は満車となって、第2駐車場まで溢れていました。

 
鬼ケ城の稜線と奥に岩手山
 
鬼ケ城の登りから臨む岩手山
 
終盤のシロバナトウウチソウ と御神坂の斜面
 
鬼ヶ城上部から 西岩手カルデラの俯瞰

今回は、早池峰グリーンボランティアのメンバー6名で岩手山に登ってきました。

週末は早池峰山に来ることが多いメンバーですが、早池峰山から見える山にも順次登っており、岩手山に来たものです。

 岩手山は、東側と西側では火山の形成が大きく異なり、東側の綺麗なコニーデ地形に対して、

西側は変化に富むカルデラ地形となっており、東側と西側を通して歩くと、より深く岩手山を体感することができます。

今回は、山頂まで行く体力に不安のある方々に、車の送りを担っていただき、東側の馬返し駐車場に集合後、

西側の網張まで送ってもらったので、西側から東側まで通して歩くことができました。

網張リフト〜姥倉山〜鬼ヶ城コース〜不動平〜山頂往復〜8合目〜馬返しのコースを歩きましたが、

展望のいい鬼ヶ城からは、北側に西岩手カルデラと八幡平方面の山並み、

南側に秋田駒ヶ岳と雫石〜盛岡の街並みを俯瞰しながら登れました。ただし、空気は霞んでいたため、

早池峰山は視認できたものの遠方の鳥海山は臨めませんでした。

 
不動平(9合目)からお鉢斜面
 
山頂から秋田駒ケ岳

花は終盤となっていますが、エゾオヤマリンドウの青色、ウメバチソウの白色が楽しめ、

コケモモの赤い実も多く見られました。

シロバナトウウチソウイワギキョウハクサンシャジンセリ科の花(エゾニュウ?)

枯れ始めですが、少し楽しめました。

雨が多かったので、8合目の御成清水はもちろん、5合目駒鳥清水も豊富に水が出ていました。

残念なことですが、山頂の祠にゴミまでお供えしていたり、不動平小屋入口脇には人の糞があるなど、

マナー違犯 の登山者も依然いるようです。

自分さえ良ければいいという方には、山に来てもらいたくないです。

 
不動平〜8合目間



岩手山TOPへ戻る