平成30年6月10日 情報提供(文、写真) 岡野 治



山開きしました


6月第2日曜日は早池峰山の山開きです。

昨年は天気悪く、山頂での行事は中止でしたが、今年は、曇天で霧に被われていたものの雨は降らず、

小田越登山口での入山式の後、山頂での神楽奉納も2年ぶりに見ることができました。

天気があまり良くなかったこともあって、山開きに訪れた登山者は500〜600名で、

例年より少なめでしたが、それでも登山道、山頂は大賑わいで、渋滞している時間帯もありました。

山頂の12時の気温は
5℃で、神楽見物には防寒着が必要でした。

 
小田越登山口での入山式

山頂での神楽奉納






花の開花はさらにすすんでいます。5月末の報告では、例年よりも1週間ぐらい早いと書きましたが、

その後も気温高い日が続き、
現在は10日から2週間ぐらい早まっており、前半に咲く花の最盛期を迎えています。

白色のヒメコザクラ、チングルマは散り始め、黄色のナンブイヌナズナ、キバナノコマノツメは満開、

紫色の
ミヤマオダマキ、ミヤマアズマギクは咲き始めでした。

白花の
チシマアマナ、赤色のミヤマシオガマは広い範囲で多数見られ、

2合目付近では、ピンク色の可愛い
ヒメシャクナゲも見られました。
ただし、5〜6合目(竜ヶ馬場)のイワウメは、開花していたものの花数は少ないです。






 
山頂に向かう登山者 (3合目付近)
 
5合目付近の イワウメと登山者
 
急な岩場の登り (7合目上部)
 混雑していた梯子場 (8合目下)





ナンブトラノオは僅かながら開花が見られましたが、ハヤチネウスユキソウは開花目前で、

綺麗に開花していたものは見つかりませんでした。
山頂部の西側では
ミヤマキンバイが一面に咲いていました。

 

残雪は、1合目下は消えましたが、山頂直下北東斜面にはまだ少し残っています。

登山道上の残雪が消えるのは、あと1週間ぐらい先でしょうか。





 
開花したミヤマオダマキ
 
可愛いヒメシャクナゲ
 
開花目前の ハヤチネウスユキソウ
 
山頂西側一面に咲く ミヤマキンバイ





早池峰山TOPへ戻る