平成30年5月12日 情報提供(文、写真) 岡野 治


携帯トイレ準備作業を行ないました


早池峰山の山頂避難小屋トイレは携帯トイレ専用となっており、携帯トレイの利用をお願いしています。

小田越登山口に至る県道の冬期通行止めが5月9日に解除になり、登山シーズンが始まりましたので、

携帯トイレ準備作業を、
早池峰グリーンボランティアと県自然保護課、

県南広域振興局のメンバー合わせて12名で行なってきました。



 
小田越登山口での除雪作業
 
小田越登山口に設置の 携帯トイレ回収箱





山頂小屋の出入口は、他の登山者によって除雪済みであったものの、それでも残雪は多く、時間もかかりましたが、

山頂、小田越、河原坊の携帯トイレ販売箱と各登山口の携帯トイレ回収箱が設置され、

山頂小屋の携帯トイレブースも利用可能になりました。

携帯トイレが利用しやすい環境になっていますので、貴重な自然を汚さない登山にご協力をお願いします。



 
山頂小屋前の除雪作業
 
山頂小屋で利用可能になった 販売箱と携帯トイレブース

登山口〜1合目間 登山道の残雪 
 
山頂北〜東側の残雪




小田越コースを往復しましたが、登山口から1合目(御門口)間の溝状に掘れている登山道では、

雪が残っている区間が多く、
これから雪融けがすすむと、踏み抜きや泥濘など歩行注意です。

1合目手前及び山頂から御田植場間の残雪区間では、管理員さんと協力してコース表示の竹竿も設置しましたが、
視界不良時は、コースを見失わないよう注意必要です。

雪面は適度に柔らかく、アイゼンもワカンも不要です。1合目から9合目間は残雪なく、岩場が現れています。



 
小田越コース 竜ケ馬場と薬師岳
 
開花したヒメコザクラ




天気は曇天で、風が強く、最も風当たりが強い5合目付近では10m以上の強風でした。

花の時期前で、登山者は20〜30名と少なく、強風のため途中で戻った登山者もいました。

花の開花はこれからですが、今回は、1合目〜2合目間でヒメコザクラの開花とミヤマキンバイの蕾が確認されました。

2年前に大規模崩落し、通行止めとなっている河原の坊コースは、今年も通行止めが継続される見込みです。



早池峰山TOPへ戻る