平成29年4月30日 情報提供(文、写真) 岡野 治


雪解けが遅れています

 
小田越登山口から 早池峰山と剣ヶ峰


岳から県道を歩き、小田越経由で早池峰山に行ってきました。

県道の除雪は、小田越近くまで進んでおり、間もなく小田越まで到達しそうですが、

河原坊では約50cm、小田越では約1m(吹きだまり箇所では約2m)の積雪が残っていました。

 
小田越1合目から
上部の岩場

 
小田越6合目付近
から山頂(左奥)


小田越から1合目(御門口)間のアオモリトドマツ林内は、残雪で登山道は全く出ていません。

今冬は風が弱かったので、雪面の凹凸は少なく、どこでも歩ける状態ですが、それだけに

正規のルートから外れないよう注意が必要です。

 1合目から9合目の剣ヶ峰分岐間は、日当たりもよく、雪はほとんど消えています。

5〜6合目間の竜ヶ馬場では、まだ残っているイワウメの紅葉残雪の白い斜面がきれいでした。


 
小田越7合目付近から
薬師岳〜白森山方面
 
山頂東側(賽ノ河原上部)
 
山頂から東側
(左奥に剣ヶ峰)
 
まだ雪が多い山頂

9合目から山頂間は一面雪に被われており、山頂避難小屋は屋根のみ見える程度ですが、

雪は柔らかく、適度に締まっていたので、今回はアイゼンもワカンも必要ありませんでした。

好天に恵まれましたが、春霞で、岩手山や焼石岳が肉眼でやっと見える程度でした。


 
岳〜小田越間の車道
(笛貫の滝付近)


小田越までの県道では、岳付近で芽吹きがやっと始まっている程度ですが、この時期は、

樹幹の間から、鶏頭山〜中岳〜早池峰山の稜線と岳川の流れを見ながら歩けます。

シジュウカラゴジュウカラに加えてオオルリキビタキなどの綺麗な囀りも楽しめました。

日曜日だったので、岳から小田 越経由で山頂まで来ていた人は、小生含め7名でした。

 


早池峰山TOPへ戻る