平成29年9月24日 情報提供(文、写真) 岡野 治


紅葉シーズン入り

好天が期待されたので、紅葉シーズンを迎えている八幡平の様子を見てきました。

日曜日なので多数の人が訪れており、手軽に散策できる八幡沼湿原では、親子連れや高齢の方も多く見られました。

 天気は、予想よりも雲が多く、岩手山は現れていたものの、秋田駒ケ岳は雲に隠れていました。

日差しが遮られることも度々でしたが、日が差した時は、湿原の草紅葉は黄金色に輝いていました。

 

 

八幡沼湿原の草紅葉(西側から東方向)
 

八幡沼湿原の草紅葉(東側から西方向)


 

八幡沼東側のミクリ沼
 

休憩中の散策者(八幡沼畔陵雲荘前)



アスピーテラインの見返峠駐車場から山頂間は、草紅葉だけでなく、ナナカマド等灌木の紅葉もピークとなっていますが、

気温が高めだけに色づきは鮮やかにはなっていませんでした。

見返峠から下のアスピーテラインや樹海ライン沿いの紅葉は始まっていますが、見頃となるのはもう少し先です。

紅葉前線は、これから1ヶ月近くかかって山麓まで下がっていきますので、気温が下がって、

鮮やかな紅葉になることに期待です。

 

展望台から八幡沼展望
 

八幡平山頂の展望台


 

旧見返峠から見返峠駐車場と畚岳展望
 

見返峠駐車場から樹海と岩手山



八幡平TOPへ戻る