平成29年7月9日 情報提供(文、写真) 清代 正晴

大白森山の花情報


岩手山をバックにワタスゲ

小白森山頂の展望(ワタスゲの群落)


天気予報は晴れ、朝6時に盛岡を出発〜秋田県の鶴の湯温泉に7時半着。

8時ころ鶴の湯温泉登山口を出発、ブナ林の中、乳頭山分岐を経て、小白森山〜大白森山へ11時半ころ到着。

小白森山、大白森山の広大な高層湿原では、ワタスゲが群落を形成しており、見事な風景でした。

昼食後、下山開始し、午後3時頃、無事下山しました。


岩手山〜乳頭山をバックにパノラマ
 
ショウキラン
 
イソツツジ

花情報

登山道沿いマイズルソウ、ズダヤクシュ、スミレ数種類、ショウキラン、マイズルソウ、イカリソウ、アカモノ、

ゴゼンタチバナ、ツマトリソウ、ハクサンチドリ、タヌキラン、シャクナゲ、イソツツジ、レンゲツツジ、ミネカエデ、

ウラジロヨウラク、ツルシキミ、オオカメノキ、イワイチョウ、コイワカガミ、ニッコウキスゲ、トキソウ、サワラン、

モウセンゴケ、キンコウカ、ツルコケモモ
等が咲いています。

また、ワタスゲの果穂の群落が見られます(今年はワタスゲの当たり年かも?)

 
ウラジロヨウラク

ゴゼンタチバナ

ツルコケモモ


登山道の状況→全体的には良く整備されていますが、高層湿原の近くでは、あちこちに泥水泥土の箇所が

ありますので、踏み込まないよう注意が必要です。なお、立派なタケノコの取れそうな箇所があり、

ある幅で穂先だけ折られていました。ここの通過時には、クマよけ鈴では安心できないので、

ホイッスルを吹きながら通過しました。




八幡平TOPへ戻る