平成29年6月18日 情報提供(文、写真) 清代 正晴

今年もドラゴンブルーアイが素晴らしい!

  

今年のドラゴンブルーアイ−@

知人からの情報と、天気予報を見ながら、今日しかないと判断し、八幡平の「ドラゴンブルーアイ」を撮影したいと思い、

朝7時に盛岡を出発。

昨年度の、岡野特派員の写真をイメージしながら、山頂駐車場から10分程度で鏡沼につきました。

描いていた通りの光景に、レンズ交換やホワイトバランス等を駆使して、数十枚撮影した。

その後、八幡沼を一周して草花の状況も見てきました。

 
 

今年のドラゴンブルーアイ−A

花情報

池塘ではショウジョウバカマがそこら中に咲いています。また、ワタスゲも先端部分が黄色くなり始めました。

雪解けの終わった箇所には、ミズバショウオオバキスミレも咲いています。

他には、エンレイソウミネザクラオオカメノキムラサキヤシオツツジ等が咲いています。

 

八幡沼の水芭蕉

 

ガマ沼とムラサキヤシオツツジ

登山道情報

立派な登山道ですが、途中のあちこちに残雪箇所が有りますので、スニーカーや短靴では歩きにくいので、

登山靴か長靴が良いと思われます。それでも、踏み抜けにはちゅういが必要です。

 
 

雪渓とオオバキスミレ

 

池塘内のショウジョウバカマ

 
 

展望(岩手山〜秋田駒〜もっこ岳)



八幡平TOPへ戻る