平成29年1月26日 情報提供(文、写真) 岡野 治


樹氷の出来は70%


源太ケ岳北斜面の登り




源太ケ岳〜大深岳間の北斜面






下倉スキー場から往復して大深岳の樹氷を見てきました。

予想天気図の等圧線が緩くなっていたので好天を期待して登りましたが、

上空に青空が見られたものの、山は雪雲に被われたままで、風もありました。







大深岳北斜面の樹氷






例年であれば、大深岳の県境稜線一帯には綺麗な樹氷原が広がっているのですが、

雪が少なく風も弱かった今年は、綺麗な樹氷はまだ出来ていませんでした。

視界が50m程度と良くなかったのですが、見えた範囲では、

枝葉が多く現われており、まだ
70%程度の出来と思われました。

秋田側の大深沢から吹きあがる風により、大深岳では立派な
シュカブラ(風紋)も出来るのですが、

今回は全く見られず、固く締まっているはずの雪が柔らかくてラッセルに苦労させられました。



 下倉スキー場から中倉山までは、ラッセルは
20〜30cm程度で、あまり苦労しなかったものの、

源太ケ岳の登りから大深岳間のラッセルは
30〜40cm程度で、雪も重くなり疲れましたが、

今回は4人パーティだったので、大深小避難屋まで進んで昼食をとりました。

大深岳北側の標高1,430m付近にある大深避難小屋は冬期の貴重な休憩場所ですが、

視界が良くなかったのでGPSで方向確認しながら小屋に向かいました。







大深小屋に到着




下倉山〜中倉山間




下倉スキー場上部の下倉山から中倉山間は、ブナ、ダケカンバ、アオモリトドマツなどの

大木がある静寂な林で、雪のある時期にしか歩けませんが、

ウサギの足跡、食痕が見られ、

ウサギのオシッコ跡が氷柱となって雪面上に現われていました。
(オシッコが氷となり、まわりの雪が風で飛んで氷柱だけが残ったもの。)



     
中倉山で見られた ウサギオシッコ跡の氷柱




八幡平TOPへ戻る