平成30年7月1日 情報提供(文、写真) 清代 正晴 


なめとこ山の「大空の滝と花情報」



登山口 


 
ウメガサソウ―1
 
ウメガサソウー2
 
ウメガサソウー3




梅雨の晴れ間を狙って、ウメガサソウの自生地を見に花巻の「大空の滝」まで行って来ました。

登山口から片道3.4Km有りますが、昔の中山街道ですので勾配もきつくなく、

1時間20分程度で、滝の見えるところまで行けます。

ブナ林の中を通っている道なので、熊でも出そうなところです。

鳥や植物も自然豊かな環境の中にいます。





 
ウラジロヨウラク
 
ヤマアジサイ
 
ニガナ

ギボウシ 


花情報

本日のメーンは梅雨の時期に咲く「ウメガサソウ」です。

登山口から40分位歩いた当たりに25株ほどまとまって有り、そこから大空の滝までの路側に

40株ほど点在して咲いていました。まだ咲き始めです、
来週あたりが見頃でしょう。

    他に、ウラジロヨウラク、ヤマアジサイ、ニガナ、ギボウシ、
シシウド属、コウゾリナ、ツツジ
等が咲いておりました。


 
シシウド属
 
コウゾリナ
 
大空の滝ー1

大空の滝ー2 


登山道情報

登山道の状況は、ところどころに倒木や土砂崩れの箇所が数か所があります。気を付けて歩く注意が必要です。

※途中の豊沢ダムの堤体は工事の為、平日は昼の1時間のみ通行可で

朝から夕方まで交通止めになっています。ただ、日曜日は終日通行ができます。


 
倒木個所



花巻・湯田温泉TOPへ戻る