平成29年11月28日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


霧氷は……!

 
五葉山方向を望む
 
日枝神社前より黒岩方向を望む





風の予報が出ていたものの、ほぼ快晴に近い、絶好の登山日和です!

内陸部の山は、雪山の装備が必要なこの時期、一応は準備してきたものの、赤坂峠についてみて、小春日和で土の上を歩ける喜びを感じました。

登山道の積雪は、畳石手前で薄らと、6合目辺りからさらりと、そして、8合目過ぎた所から雪らしく数pと確認出来る程度でした。

 避難小屋周辺の霧氷は全く付着していません!本日も美味しい水が優しく流れています。





 
シャクナゲ山荘周辺の様子
 
黒岩手前の小さなピークから
 
雪の花の奥に早池峰山神々しい!
 
早池峰山の勇姿!




日枝神社付近の樹木に付着していた霧氷が僅か、それも気温の上昇に伴いパラパラ落ちてきました。

雪の花、霧氷を観たく、山頂へ向かうことなく、黒岩方向へ足を運びました。

こちらは、西風に煽られ木々には霧氷が綺麗に着き、背景に雪を抱いた早池峰山を配して、花が咲いたように見え感動いたしました。

五葉山神社周辺や、その先にある幾つかの、小さなピークでは、小さなエビのしっぽが確認出来ました。

黒岩直前の岩場が滑って危険なので、やむなく引き返して来ました。





 
登山道脇で観られた雪の花
 
本日も観られた「光る海」!
 
小屋にある薪ストーブ暖かいです!
 
水場の湧き水旨いです!






気温が上昇したこともあり、必然的に落下し始め、辛うじて目的の霧氷等、そして、稜線から望める、懐かしい三陸の海を堪能させて頂きました。

 昼食は避難小屋の暖かいストーブの脇で、戴ける幸せを感じ、帰路に着きました!




 
小さなエビの尻尾達
 
五葉山神社奥宮の雪景色





焼石連峰TOPへ戻る