平成29年4月21日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明



ゲート開放後の五葉山


県道、日頃市〜唐丹線が14日に開通となり、1週間後に入山してみました。

何時もどおり、登山口脇にあります、山小屋用燃料の薪を背負い、出発です。

積雪は畳石まで全くありません。


 

畳石付近の様子



風はなく穏やかですが、黒岩を含めて山頂方向や期待の三陸の海は

ガスって観ることは出来ません。辛うじて、大船渡湾が見えています。

久しぶりに踏む、土の感触を楽しみながら、

登山道脇では、
イチヤクソウハルリンドウの葉を観ることが出来ます。

ツツジのつぼみも幾分膨らみを見せ、

ダケカンバの樹木の白さが冬枯れの中で一際目立って観られます。


   
 6合目上の残雪状況

8合目上方のダケカンバ


登山道、6合目から上方において残雪が目立ってきます。

特にも7合目上の姥石のお宮様からの登りに、吹き溜まりが多いように感じました。



   

もうすぐ山頂です!

日枝神社から黒岩はガスの中




   

日枝神社前から黒岩方向

五葉山山頂です!



日枝神社、山頂共に視界がままならず、

眺望が思わしくないので避難小屋で昼食後、下山いたしました。

途中、3人の登山者とすれ違いました。



 

避難小屋です!



   

美味しい水が出ています

 テーブル状のシャクナゲが散在しています!



帰路の県道では、思いがけずにお猿さんの群れ、十数匹が現れ、

地面から餌をついばむもの、木に登り木の芽(皮)を食べる物等々、

ユックリ観察させてくれました。またこの所、好ましいことなのでしょうが、

鹿さんが姿を見せることがなくなってきました。

心なし寂しい気もしました。



   
 せっせと新芽を食べる小猿

集団のボスらしい目配せしていました  




五葉山TOPへ戻る