川に親しみ和賀川を守る
和賀川淡水漁業協同組合 (北上市)
設立 昭和48年
会員数 180名
活動の目的
水産資源の管理、水産動植物の増殖
主な活動内容

・外来種駆除事業:外来種駆除では和賀川のブラックバスを年5〜6回刺し網で駆除。平成19年はオオクチバス27尾捕獲。
・増殖事業:アユの稚魚1,500kg、ヤマメの稚魚530kg、イワナの稚魚195kgを毎年放流。サケの人口ふ化では、地元の笠松小学校の全児童に放流体験をさせている。
・遊漁事業:イワナ、アユのつかみ取りやサケの採卵学習会。
・遊漁推進事業:アユの釣り大会の開催。参加人数約250人のうちの半数が県外参加者。


和賀川のブラックバスを組合員で駆除
▲ 和賀川のブラックバスを組合員で駆除
イワナつかみ取りの様子
▲ イワナつかみ取りの様子
PR
和賀川クリーン作戦では、子どもたちのマナーは非常にいいが、大人たちのマナーが欠落しているのを感じています。自然観察として、申込みがあればいつでも小さなグループであっても、川についての教育・講習を継続していきたいと思っています。組合員が高齢化していることもあり、多くの方々に組合へぜひ加入してもらいたいものです。
サケの産卵学習会
▲ サケの産卵学習会

【連絡先】 和賀川淡水漁業協同組合事務所
〒024-8501
北上市芳町1-1
電話:0197-64-7473
FAX:0197-64-2173
  (和賀川淡水漁業協同組合やな場)
電話・FAX:0197-67-2919
HP:http://wagakawa.eiger-jp.com/

【平成20年度掲載事例】