11.住民対応

1 周辺市町村住民関係

(1)第1回 2000年7月 28 曰 (金)

会場 根森総合センター
説明内容
・事件の発端から警察の強制捜査開始までの主な対応について
・現場の状況について
・三栄他に対する行政処分の内容について
・有害物質の主な検出状況について
・ドラム缶撒去作業内容と当面のスケジユールについて
・環境調査他今後の対応予定について

(2)第2回 2001年3月 29 日(木)

会場 根森総合センター
説明内容
・裁判の状況
・土壌ガス及び掘削調査結果について
・地下水及び周辺環境調査結果について
・今後の対応予定(場内燃え殻撒去、筋掘り調査)について
・三栄化学他財産仮差押

(3)第3回2002年1月24日 (木)

会場 根森総合センター
説明内容
・筋掘り詞査結果(調査地点別の不法投棄物概要等)について

(4)第4回 2002年3月26日 (火)

会場 根森総合センター
説明内容
・これまでの調査結果の総括について
・専門委員会での意見について
・青森県の対応方針案について
・本庁(合同委員会)、保健所(周辺環境調査)の対応について

(5)第5回 2002年7月 17日 (水)

会揚 田子町上郷公民館 ※青森県と合同開催
説明内容
岩手県
・岩手県側のこれまでの対応について
・周辺環調査結果について
青森県
・2010年度及び2011年度調査結果について
・遮水壁、堰堤安定化工説明について
・青森・岩手県境不法投棄に係る経緯について

(6)第6回2003年3月25日(火)

会場 根森総合センター
説明内容
・ 県境不法投棄事案に係る 2003年度の対応 (現場廃棄物等の詳細調査結果) について
・ 原状回復・現場の環境再生に向けた取組み方針 (廃棄物の除去基本計画) について

(7)第7回 2003年7月31日 (木)

会場 二戸市民文化会館中ホール
説明内容
・ 岩手・青森県境不法投棄事案に係る原状回復に向けた実施計画 (案) 骨子について

(8)第8回 2003年8月 28 日 (木)


会場 八戸市総合福祉会館  ※八戸地域県境不法投棄問題対策連絡会への説明
説明内容
・ 岩手県の産業廃棄物政策について
・ 県境不法投棄現場の地質・廃棄物調査の成果等について
・ 除去計画と汚染拡散防止対策について

(9)第9回 2003年9月 27 曰 (土)

会場 ニ戸市民文化会館中ホール
説明内容
・ 岩手・青森県境不法投棄事案に係る原状回復に向けた実施計画 (案) について

(10)第10回 2003年10月 22 日 (水)


会場 根森総合センター
説明内容
・ 岩手・青森県境不法投棄事案に係る原状回復に向けた実施計画 (案) について

(11)第11回 2003年10月23日(木)

会場 八戸市総合福祉会館 ※八戸地域県境不法投棄問題対策連絡会への説朋
説明内容
・ 岩手・青森県境不法投棄事案に係る原状回復に向けた実施計画 (案) について

(12)第12回 2003年11月26日 (水)


会場 根森総合センター
説明内容
・キャッピング工事内容

(13)第13回 2003年12月4日(木)

会場 ニ戸市民文化会館中ホール/知事出席
説明内容
・岩手・青森県境不法投棄現場の原状回復に向けた行政代執行事業着手について

(14)第14回 2004年3月25日 (木)

会場 根森総合センター
説明内容
・プロポーザルの結果(選定案の概要)説明について
・廃棄物の撒去の開始について
・(二戸市から)和平牧野の調査要望に対する青森県の説明内容について

(15)第15回 2004年5月14日 (金)

会場 ニ戸市民文化会館中ホール
説明内容
・平成16年度撒去事業スケジュールについて
・施工システム基本設計骨子(素案)について

(16)第16回 2004年7月29日 (木)

会場 根森総合センター
説明内容
・野積み廃棄物の撒去開始について
・選別プラント等施設概要について
・作業マニュアルについて

(17)第17回 2004年10月13日 (水)

会場 ニ戸市御辺地中学校
説明内容
・代替ルートの使用にかかる説明

(18)第18回 2004年10月21日(木)

会場 ニ戸地区合同庁舎1F大会議室
説明内容
・パワーポイントによる現場の現状説明
・代替ルートの使用について
・破棄物の撒去実績と今後の計画
・事業スケジユール及び施設計画概要について

2 運搬ルート市町村住民関係

(1)2004年4月9日

対象者 浄法寺町衛生班
意見等
・土日、夜間の運搬はあるか。
・交通安全に十分に配慮すること。

(2)2004年4月13日

対象者 遠野市小友町地連協役員会
意見等
・冬期間の運搬はあるか。
・今後、有害物質含有廃棄物の運搬はあるか。

(3)2004年4月26日

対象者 大船渡市赤崎地区住民
  意見等
・第1段階の野積廃棄物は性状が変わらないよう管理していくのか。
・第2段階では再度説明するのか。

(4)2004年5月14日

対象者 二戸市民
意見等
・野積み廃棄物撤去時にも廃棄物の無害性について調査すべきである。

(5)2004年6月4日

対象者 北上市後藤・藤根地区住民
意見等
・搬入車両増大による交通事故が最も懸念されることから、搬入路に当たる県道の歩道整備について要望する。
・第2段階はどのようにやるのか。
・クボタリテックスでは、過剰な操業とならないか。また、公害等が発生する懸念はないのか。

(6)2004年7月22日

対象者 田子町水亦地区住民(戸別訪問)
意見等特になし

3.その他

参考
県境産廃いわてだより:岩手県HP