1. HOME
  2. >
  3. 東日本大震災津波復興計画 復興基本計画・復興実施計画(第1期)の策定について

岩手県東日本大震災津波復興計画 復興基本計画・復興実施計画(第1期)の策定について

 県では、平成23年3月11日に発生した大地震とそれに伴う巨大津波、その後断続的に発生した余震による大災害からの復興を進めるため、平成23年8月11日、「岩手県東日本大震災津波復興計画」を策定しました。

 この計画は、岩手県東日本大震災津波復興委員会等における専門的な審議やパブリックコメント、地域説明会等での意見などを踏まえ、県議会での承認を経て、県として策定したものです。

 この計画の目指す姿である「いのちを守り 海と大地と共に生きる ふるさと岩手・三陸の創造」の実現に向けた取組を、市町村をはじめとした地域の多様な主体とともに、スピード感を持って効果的・効率的に展開していきます。

1 計画の名称

岩手県東日本大震災津波復興計画

2 計画の期間及び構成

(1) 計画期間
平成23年度〜平成30年度

(2) 計画の構成
 次の2つの計画で構成されています。
 ・復興に向けての目指す姿や原則、具体的な取組の内容等を示す「復興基本計画」
 ・施策や事業、工程表等を示す「復興実施計画」

3 復興基本計画の概要

(1) 目指す姿
 科学的・技術的な知見に立脚したうえで、再び津波により人が亡くなることのない、より安全で暮らしやすい地域を創りあげるため、復興の目指す姿を「いのちを守り 海と大地と共に生きる ふるさと岩手・三陸の創造」としています。

(2) 復興に向けた3つの原則:「安全の確保」、「暮らしの再建」、「なりわいの再生」
 復興の原則として、まず、「安全」を確保した上で、被災者が希望をもって「ふるさと」に住み続けることができるよう「暮らし」を再建し、「なりわい」を再生することを復興の原則に掲げています。

(3) 10分野の取組と三陸創造プロジェクト
 3つの原則のもとに、10分野の取組を位置付け、具体的な取組の内容とその考え方を示すとともに、長期的な視点に立ち、復興を象徴するリーディング・プロジェクトとして三陸創造プロジェクトを掲げてます。

◇ 岩手県東日本大震災津波復興計画 復興基本計画

≪全文ファイル ダウンロード≫
※ファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかることがあります。

PDF 岩手県東日本大震災津波復興計画 復興基本計画 (PDF/27,019KB)

PDF 岩手県東日本大震災津波復興計画 復興基本計画<概要版> (PDF/1,482KB)

PDF 岩手県東日本大震災津波復興計画 復興基本計画 参考資料 (PDF/16,601KB)

4 復興実施計画(第1期)の概要

復興基本計画の第1期復興実施計画として策定するもので、対象期間は、平成23年度(2011年度)から平成25年度(2013年度)までの3年間です。

 復興基本計画に示した「防災のまちづくり」「交通ネットワーク」「生活・雇用」「保健・医療・福祉」「教育・文化」「地域コミュニティ」「市町村行政機能」「水産業・農林業」「商工業」「観光」の10分野の取組ごとに、県が実施を予定している事業等をとりまとめています。

第1期は、基盤復興期間として位置付けており、多重防災型のまちづくり、三陸復興道路の整備、災害公営住宅等の整備、被災地医療確保対策、水産業経営基盤の復旧、中小企業の再生等、復興の土台となる事業や第2期(本格復興期間)につながる事業等を掲載しています。

 なお、当該掲載事業は、計画策定時点で想定した事業も含まれており、社会経済情勢の変化や復興の状況等を踏まえ、必要に応じ、所要の見直しを行っていきます。

◇ 岩手県東日本大震災津波復興計画 復興実施計画(第1期)

≪全文ファイル ダウンロード≫
※ファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかることがあります。

PDF 岩手県東日本大震災津波復興計画 復興実施計画 (PDF/15,548KB)

5 問い合わせ先

岩手県 復興局 企画課
〒020−8570 盛岡市内丸10−1、電話019-629-6945(直通)

TOPへ