岩手フロンティア・フレッシュトーク          (沿岸広域振興圏)
頂いた希望メッセージはこちら
【知事のコメント】
日時/平成21年7月23日(木) 14:30〜16:00 場所/宮古地区合同庁舎
他人の心を動かすのは容易ではない。思ったように動いてもらうのは不可能。お膳立て してパッケージを作ってあげると、初めて人は動く。しかし、自分を変えるのは容易だ。 やりたいことができる自分をつくり上げることが大切。  今日、皆さんの元気な話を聞いてとても安心した。皆さんのような元気な若者がこの地 域を活性できると信じている。今後も頑張って欲しい。
沿岸広域振興圏において、各分野で活躍されている次代を担う 若い世代の方と知事が意見交換を行いました。
NPO活動を通じて実感したことは、「つながり」が大事だということ。  岩手には地元の良いところ、自慢していいところがいっぱいあるのに、アピール力が ない。  この地域の人たちに伝えたいことは、地方だからと諦めず何事にチャレンジしていく 精神を持って欲しい。  世代を越えた関係はとても大切だとボランティア活動を通して感じた。
【出席された方々からの主な意見】
漁業を営んでいる人は閉鎖的な人が多い。もっと外へ向けアピールして欲しいし、 その橋渡しをしたい。  エゾイシ貝という貝はとても美味しく、養殖も簡単にできる。この貝の美味しさを全 国にPRしていきたい。  自然の素晴らしさと人の優しさに感動し、大学卒業と共に埼玉から岩手に移住し てきた。実際、住んでみて感じたことは、若者が定着しない街だということ。 地元の人以外も定着できるような街づくり、環境づくりをして欲しい。