直線上に配置

希望王国岩手スクールセッション(知事の出前授業)

トップ アイコン
トップページヘもどる

<英語の授業>

 知事は、小学生の頃、当時、白百合学園の生徒だった10歳違いの親戚に連れられ、白百合学園の文化祭に行ったことがありました。その時、初めて英語劇というものを観てとても感激。その体験から、今回、白百合学園で知事自ら英語の授業を行うことになりました。題材は、知事が大好きなミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』(バーナード・ショーによる戯曲『ピグマリオン』が原作)。知事曰く、この映画のテーマは『学ぶ喜び』とのこと。
 映画の舞台は、階級社会の文化がハッキリしていた1930年代のロンドン。オードリー・ヘップバーン演じる訛りの酷い労働者階級の花売り娘イライザが、言語学者ヒギンズ教授に出会い、正しい英語教育を受け上流階級のレディになるという物語。

 

直線上に配置
 今回の授業で取り上げた映画の場面は、初めて正しい英語を発音できるようになった時の喜びを歌で表現した場面『マイ・フェア・レディ』の主題歌にもなった『踊り明かそう(邦題)』(I could have Danced all night(原題))を歌うシーン。知事曰く、この歌に込められたメッセージは『希望と愛』。今まで分からなかったことが理解できるようになったことで、希望が持てるようになる。ラブソングでありながら、自立していこうという女性の賛歌でもある。現代にも通用するテーマでもあるとのことでした。
 イライザが上流階級にデビューするシーンの舞台はアスコット競馬場。岩手の競馬場もアスコット競馬場のようになれば良いなあ〜と小声でお話になり、会場からは思わず笑いが毀れる場面もありました。
 最後は、知事のリードにより生徒全員で『踊り明かそう』を合唱し、楽しい雰囲気の中授業は終了しました。
【こうした意見に対する知事のお話】

● 東京へ進学する方は、いい物をいっぱい吸収し、数年後、岩
  手に戻ってから是非それを役立てて欲しい。

● 岩手県は酪農も盛んな土地。岩手県は雨がたっぷり降って水
  が豊富、四季がはっきりしていて農業、酪農に適した県。この
  ような恵まれた土地は珍しい。また、夏は涼しく害虫が少ない
  ため使用する農薬の量が少量で済む等エコの農業経営が可
  能な土地です。この素晴らしい環境は、岩手として今後も伸ば
  していける様々な可能性を秘めた素晴らしいものだと思う。

<将来の岩手、私のメッセージ>

 授業の後半は、生徒全員が「将来の岩手や私のしたいこと」を書いたメッセージを掲げながら、知事と意見交換を行いました。
【生徒からの主な意見や希望】

● 自然災害に強い岩手県を作りたい。岩手県が過去に経験した
  災害を教訓としてそれを未来に活かしていけると思う。

● 東京の大学で学んだ後、家業の旅館で働き田舎の観光に貢献
  したい。観光客を増やしたい。

● 結婚して、子育てをして、働いて、そんな日々の中でぬくもりと誇りを感じられる岩手県
  「area019」を作りたい。Area019とは、岩手の市外局番、頭の3桁。携帯電話で「019」と
  プッシュする時、いつでもどんな時もぬくもりを感じていたい。そんなエリアにしたい。

● モダンダンスを通じて岩手を芸術でいっぱいの県にしたい。

● 食材豊かな岩手だからこそできる食育活動をしたい。岩手は食材が豊富なのに県内産
  を食べている県民が少ない。県内産はほとんど県外へ出荷される。県民にもっと県内産
  の食材を食べてもらい健康になってもらいたい。

● 平泉の世界遺産登録が延期になったのは、平泉の価値が低いからでは
  ない。平泉文化を始め岩手には縄文文化など素晴らしい歴史的文化が
  多い。新しいものを取り入れながら、古いものを残していくのがこれから
  のテーマである。

● オバマ氏の大統領就任演説を聞いていたら「new age」という言葉を何度
  も口にしていたのが印象的だった。新しい時代というのは、自分たちの手
  で創り上げていくこと、これが大切だとつくづく感じた。「new age」はあなた
  達一人ひとりの協力なくしては創り上げていくことができない。一緒にがん
  ばっていきましょう。

● 卒業まで残り少ない日々を、一日一日を大切に、悔いを残すことなく過ごし
  て下さい。

生徒の皆さんからのメッセージ
はこちらをクリック!


   
●日 時/平成21年1月22日(木)13:55〜14:50
●場 所/盛岡白百合学園
 盛岡白百合学園高等学校で、達増知事が卒業
を間近に控えた3年生の生徒31名を相手に出前
授業を行いました。
 前半は、オードリー・ヘップバーン主演のミュージ
カル映画『マイ・フェア・レディ』の一場面を題材に
した英語の授業。
 授業終了後、『10年後の岩手』『10年後の自分』
などのメッセージを生徒一人ひとりが掲げながら、
知事と直接意見を交換しました。