草の根地域訪問  「こんにちは知事です」

平成12年4月の冬部中学校の統合を機に、地域資源を活用した地域活性化を図る取組として、平成14年から岩手大学の協力を得ながら「冬部の里づくり」を始め、これまでに地区内の環境整備(植樹、案内板の作製・設置など)や、へっちょこ茶屋の出店、体感マップガイドの作製、冷泉の宅配などの取組を行っている、葛巻町の「冬部地域振興協議会」の皆さんと知事が懇談しました。

外で働いていたが、この地域が好きで戻ってきた。若い人が戻ってくるよう、地域資源の七滝や冷泉など地域の良さを伝えていきたい。将来は、旧校舎を活用した映画館や冷泉を使った大浴場をオープンさせるのが夢。
旧小学校校舎の理科室を改装し、地域の人が定期的に集まるサロンとして利用しているが、これからも旧小学校校舎を大人から子どもまで楽しめる施設にしていきたい。
頂いた希望メッセージ
次の課題は、冷泉など地域資源を活用したビジネスを展開することではないか。

近隣のイベントで、「はなもち」や「へっちょこだんご」など冬部の味を売り込む「へっちょこ茶屋」を出店し大変だが、お客さんから励ましの言葉を多くいただき、疲れも吹き飛ぶ。これを励みにこれからも頑張っていきたい。将来は、移動販売車「冬部号」を走らせたい。

●日 程/平成21年7月24日(金)
●場 所/葛巻町 冬部サロン(旧冬部中学校)

遊び心を持って、常に楽しくやっていこうと考えている。
外部との交流がうまくいっているところは元気である。冬部地域も岩手大学と交流したことが大きいと感じた。
【知事のコメント】
【出席された方々からの主な意見】
地域の強みは、大手と違い、顔の見える温かいサービスを提供できること。経営の専門家のアドバイスをいただきながら、こうした強みや地域資源を生かした取組を進めていけば、もっと活性化が図られるのでは。