草の根地域懇談会(戸田元村自治会)


かぼちゃ祭りなどの地域イベントや、街路灯の整備、自治会除雪隊などさまざまな活動を行っている
戸田元村自治会の皆さんと知事が懇談しました。


 【日 程】平成21年1月8日(木)
 【場 所】いろり庵


  

【出席された方々からの主な意見や希望】


 ○ 九戸村も高齢化が進んでおり、地域診療センターの無床化は、老人を抱える者にとっては不
   安なことなので、ぜひ存続してほしい。


 ○ この地域は自然環境や土地など教育環境が整っているので、できれば県北地方に大学機関が
   あるといい。

 ○ スコットランドでも都会と田園に格差が生じているが、田園に住む人も豊かな生活を感じて
   いるようだ。こういう「田舎の時代」になってくれることを願う。


 ○ 地方が活性化されないと都市も成り立たないので、都市中心で物事を考えるのではなく地域
   が抱える課題を計画に反映させてほしい。

   車を持たない人でも食料品を買いにいけるように商店街が活性化されるといい。

  ○ 鶏肉の消費拡大を進めることによって、生産を拡大し、雇用を創出されるといい。


【知事のコメント】

  ○ 視察が大勢来ることは、交流人口を増やすのにも効果的。岩手を学びの場としてアピール
   していきたいと考えており、都会の人がグリーンツーリズムの体験などを通して、将来、
   定住につながればいい。

  ○ 21世紀の時代にふさわしいのは、産業だけでなく情報、文化の要素を入れて計画を策定し
   なければならない。その地域に何があるかマップに落としていく際に、情報や文化も含め
   て描いていきたい。そういう地域を一緒に作りましょう。