草の根地域懇談会 会議レポート(京津畑自治会)

■ 京津畑地区自治会(一関市大東町)で県政懇談会「草の根地域訪問『こんにちは知事です』」
  を開催しました。


  日程 平成20年10月24日(金)
 場所 旧京津畑小学校


  最初にみどりと人の和で生き生き住みよいむらづくり」をスローガンとしている京津畑自治会の活動状況の報告が団体から報告がありました。
 引き続き、参加者と意見交換を行いました。


【京津畑自治会の皆さんの主な意見】
○ 限界集落対策として、地域のリーダー育成や行政職員が地域にはりついた支援が必要である。
○ 一集落一企業運動を創設し、施設整備への補助やアドバイザー派遣を行って欲しい。

○ インターネットやテレビ受信の環境を充実させる必要がある。
○ 学校統合が進む中で、廃校の利活用策を考えるべきである。
○ 地域づくりは行政ではなく、自分たちがやるべきことである など

 意見交換終了後、参加者から希望メッセージをいただきました。

 
いただいた希望メッセージ一覧はこちら(PDF)