エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ ›


ここから本文です。


畜産物の放射性物質の調査について

2013年12月24日

        畜産物の放射性物質の調査について

 

 

県では、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う農畜産物の放射性物質について、産地として、

消費者に安全な農畜産物を提供する観点から、県産の豚肉・鶏肉・鶏卵等を対象に、放射性物

質の調査を実施します。

                    

 

                  畜産物の放射性物質の検査結果(12月分)について

 

○ 県産の豚肉、鶏肉および鶏卵の放射性物質検査した結果、全てのサンプルで放射性   セシウムが「不検出」でした。(詳細は下表のとおり)

 

○ 次回は、1月28日頃に放射性物質検査を実施する予定です。

 

1 検索の区分

「県産農林水産物の放射性物質濃度の検査計画」に基づく検査

 

2 調査結果

品 目

採取場所

採取日

測定日

測定値(単位:Bqkg

放射性セシウム

Cs-134

Cs-137

豚 肉

紫波町

1217

1219

不検出

(<5.3

不検出

(<7.9

不検出

(<13

鶏 肉

二戸市

不検出

(10.8)

不検出

(8.6)

不検出

(19)

鶏 卵

滝沢村

不検出

(8.9)

不検出

(7.8)

不検出

(17)

(参考)食品衛生法の基準値 100 Bq/kg

 1)測定機関:岩手県農業研究センター

 2)測定機器:ゲルマニウム半導体検出器

 3)「測定値」欄の( )内は検出限界値

 4)放射性セシウムの合計値は、セシウム134とセシウム137を合算して有効数字2桁に四捨五入したもの

 (平成24315日付け食安発0315第4号厚生労働省医薬食品局食品安全部長通知による)

 

 

 

 

 

 

担当:畜産課 及川、古川 

 

  

豚肉・鶏肉・鶏卵(12月)の放射性物質検査結果

 

豚肉・鶏肉・鶏卵(11月)の放射性物質検査結果

 

豚肉・鶏肉・鶏卵(10月)の放射性物質検査結果

 

豚肉・鶏肉・鶏卵(9月)の放射性物質検査結果

 

  

 

岩手県における畜産物の放射性物質検査結果

電話: 5729
畜産課 及川、古川(5722、5729)


Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.