エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ ›


ここから本文です。


県産農林水産物の放射性物質濃度の検査計画(11月~1月)

2011年11月02日

 県産農林水産物の放射性物質濃度の検査について、8月から10月まで計画に基づいて実施してきたところですが、11月以降の検査計画を策定したのでお知らせします。

 

 検査対象品目数は17品目で、検査結果は、検査実施の都度、公表します。

 

 

〇検査計画の概要

 

(1) 検査対象品目

  岩手県内で生産(収穫・漁獲)される農産物、特用林産物及び水産物(17品目)

 

農産物

穀物・・・大豆

果樹・・・りんご

畜産物原乳、豚、鶏、鶏卵
特用林産物原木生しいたけ(施設栽培)、原木生しいたけ(露地栽培)、菌床しいたけ
水産物

回遊性魚種・・・スルメイカ、秋サケ、タラ類、サバ類、ブリ

沿岸性魚種・・・ミズダコ、カレイ類、アイナメ

 

※ 米、麦、野菜は計画期間に収穫期が該当しないことから今計画では検査対象外

 

(2) 検査対象区域

  検査対象品目ごとに設定

 

(3) 検査の頻度

  週1回程度

 

(4) 検査対象品目・検査対象区域・検査実施時期の設定の考え方

 ア 大豆については、県が実施した空間放射線量率調査の最大値(地上1m)が0.1μSv/時(小数点以下第2位を四捨五入した値)を超える市町村(以下「特定市町村」という。)及びその他の地域を対象として、出荷時期前に調査を実施。

 

 イ 大豆以外の農産物、畜産物、特用林産物、水産物については、主要産地市町村や特定市町村、本県沖海域等を対象として、調査を実施

添付ファイル

  • ダウンロードPDFファイル 県産農林水産物の放射性物質濃度の検査計画(11月~1月)
電話: 019-629-5622,5623
内線番号: 5622,5623
FAX: 019-629-5769
E-Mail: AF0001@pref.iwate.jp
農林水産企画室企画担当


Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.