エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ ›


ここから本文です。


野生きのこの放射性物質調査の結果について

2011年10月19日

    平成23年9月23日から28日にかけて採取した野生きのこの調査を実施しま

  した。

 

   県内で採取したシャカシメジ(別名 センボンシメジ)(菌根菌類)とマ

  イタケ、ヤマブシタケ、マスタケ(腐生菌類)を調査した結果、放射性物質

  は不検出、または暫定規制値(500Bq/㎏)を大幅に下回り、安全性が確認さ

  れました。

 

○調査結果

品 目

市町村

採取日

測定日

測定結果(単位:B/

放射性ヨウ素

放射性セシウム

マイタケ

北上市

9月23

9月28日

不検出

不検出

ヤマブシタケ

奥州市

9月27

9月28

不検出

不検出

マスタケ

久慈市

9月28

9月29日

不検出

不検出

シャカシメジ
(センボンシメジ)

奥州市

9月26

9月28

不検出

不検出

一関市

9月28

9月28

不検出

31

雫石町

9月27

9月29

不検出

不検出

(参考)野菜類の暫定規制値

2,000

500

 

 測定機関:岩手県環境保健研究センター

注)菌根菌類:樹木の根などに菌根をつくり、樹木と共生して養分を吸収し、その代替として樹木の養分吸収を助けるきのこ(シャカシメジ等)

  腐生菌類:枯木や落ち葉から発生するタイプのきのこ(マイタケ、ヤマブシタケ、マスタケ等)

 

 

 

 

添付ファイル

  • ダウンロードPDFファイル 記者発表資料9月30日
電話: 019-629-5770
農林水産部 林業振興課


Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.