エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ ›


ここから本文です。


県産農林水産物の放射性物質濃度の検査計画について

2011年08月26日

 県産農林水産物の放射性物質濃度の検査については、「農畜水産物等の放射性物質検査について(平成23年8月4日付け厚生労働省通知)」により、適切に検査計画を策定し、実施するよう、厚生労働省から要請を受けているところです。

 

 この要請を踏まえ、別添のとおり「県産農林水産物の放射性物質濃度の検査計画(以下「検査計画」という。)を策定しました。

 

 今回策定した検査計画の期間は、8月~10月です。11月以降の検査計画は10月に策定する予定です。

 

 検査対象品目数は28品目で、検査結果は、検査実施の都度、公表します。

 

 

〇 検査計画の概要

 

 (1) 検査対象品目

    岩手県内で生産(収穫・漁獲)される農産物、特用林産物及び水産物(28品目)

農産物

穀物・・・米、小麦、六条大麦

野菜・・・きゅうり、トマト、ピーマン、ほうれんそう、なす、ねぎ、だいこん、さといも

果樹・・・りんご、ぶどう

畜産物原乳、豚、鶏、鶏卵
特用林産物原木生しいたけ(施設栽培)、原木生しいたけ(露地栽培)、菌床しいたけ
水産物

回遊性魚種・・・スルメイカ、秋サケ、タラ類、サバ類、ブリ

沿岸性魚種・・・ミズダコ、カレイ類、ソイ・メバル類

 

 (2) 検査対象区域

    検査対象品目ごとに設定

 

 (3) 検査の頻度

    週1回程度

 

 (4) 検査対象品目・検査対象区域・検査実施時期の設定の考え方

  ア 米については、県が実施した空間放射線量率調査の最大値(地上1m)が0.1μSv/時(小数点以下第2位を四捨五入した値)を超える市町村(以下「特定市町村」という。)を対象として、収穫前に予備調査を実施。全市町村を対象として、収穫後に本調査を実施。

  イ 米以外の麦、野菜、果樹、畜産物、特用林産物、水産物については、主要産地市町村や特定市町村、本県沖海域等を対象として、調査を実施。

 

 

※ 検査計画の詳細は添付ファイルをご覧ください。

  

 

添付ファイル

  • ダウンロードPDFファイル 県産農林水産物の放射性物質濃度の検査計画について
電話: 019-629-5622,5623
内線番号: 5622,5623
FAX: 019-629-5769
E-Mail: AF0001@pref.iwate.jp
農林水産企画室企画担当


Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.