漆器

漆器は、木や紙などに漆(うるし)を塗り重ねて作る工芸品。岩手には代表的な漆器として「秀衡塗」と「浄法寺塗」があります。秀衡塗は、藤原秀衡が京より職人を招き、漆器を作らせたのが起源と伝えられ、華やかな漆絵文様に、黒と朱と金を基調とした気品あふれる色感が特徴です。浄法寺塗は、 天台寺の僧が作った什器が起源とされ、蒔絵などの加飾をほどこさない無地の器が多く、使い込むほどに味わい深いツヤが増してきます。