南部鉄器

平安後期に起源を持つ水沢南部鉄器と、藩政時代から盛岡藩の庇護を受けて発達した盛岡南部鉄器。二つの地域で異なる歴史を刻んできた南部鉄器ですが、盛岡では藩主が茶道を推奨したことから技術が発達しました。現代においては、美しいフォルムと使い勝手が追求され、伝統と革新の融合からモダンな南部鉄器が誕生。芸術性と実用性を両立したキッチンウェアとして、世界からも注目を集めています。