公式ホームページ of 沼宮内地域診療センター

taitl.png

おしらせ

2016.5.9

  • ホームページを更新しました。





センター長3年目のごあいさつ                      川村 実

総合内科-川村実.png

2016年4月にて岩手県立中央病院附属沼宮内診療センター長としての3年目を迎えます。当センター通院している多くの患者さんは高血圧・糖尿病の治療で来院して来られますが、この治療の基本は運動や食生活の改善であり、これを怠るとどんなに優れた薬を使用しても薬の効果は減弱ないし消失します。運動や食事のいわば当たり前の生活習慣の改善でありますが、この当たり前が高血圧、糖尿病発症の予防・治療に加えて認知症、骨粗鬆症やガンなどの病気の発症を防ぎます。特にこの沼宮内地域の方々は冬季の血圧の悪化とともに冬季の血糖も悪化していることがわかりました(岩手県立病院医学会雑誌、55:1-6、2015)。冬季の運動不足に対する対策を町役場の方々とともに検討したいと思っています。
内科常勤医として高橋清香先生は4月から2年目の勤務となります。高橋先生(旧姓家村)は沼宮内出身であり、センターが皆様に一層親しみのある病院となることに貢献していただけるものと期待しています。高橋先生は現在子育て中でその支援プログラムで勤務していますので、基本的には午前中の勤務となります。常勤内科医は1名のみですので、午後からは内科不在となりますので御注意ください。
当センターが岩手町休日急患診療当番日には外科医1名で対処してきましたが、作年度から内科医も参加して2名体制と充実致しました。当番日には医療相談窓口として御利用ください。今後のセンター運営について皆様からお気づきのところがあれば御提言いただければ幸いです。